借入額を減らすことで借り増しはできるのか?

借入額を減らすことで借り増しはできるのか?

総量規制額ギリギリまで借りた後でもいくらか返済すればまたお金を追加で借りられる?

2010年6月から、貸金業法が改正され、年収の3分1以上はお金を融資しないと言う総量規制が導入されました。
今までは、借入額の上限は特に決まりはありませんでしたが、ここで完全に線が引かれました。

 

年収600万円の人なら200万円までと言う非常に分かり易い基準です。
総量規制が導入される前までは、年収600万円の人なら、300万円近くまではお金を借りる事ができました。

 

それでは、現在他社に借入がある人で新たに借り入れをしたい人はどうすれば良いのか?当然総量規制を超えていれば、お金を新たに借入する事はできません。

 

600万円の年収の方なら200万円以上はお金を貸す事は出来ません。

 

200万円借入があったら、借入額を減らす事で審査は通るようになるのか?
答えはイエスです。

 

200万円の借金を頑張って30万円返済すれば170万円になります。
そうすると机上の計算でも30万円を新たに借りる事は出来ますが、総量規制ギリギリまで貸すような事はしないでしょう。

 

恐らく多くて15万円程度の融資になると思います。

 

ここら辺の駆け引きが、消費者金融対お客さんの間で繰り広げられます。駆け引きが繰り広げられると言っても消費者金融主導です。

 

総量規制額ギリギリまで借りていなければいけない状態は危険な状態?

総量規制の基準で行くと、年収の3分1までお金を借りる事が出来ますが、実際の安全ラインは600万円の人なら100万円から150万円の間だと思います。

 

総量規制では200万円ですが、200万円は危険水域になると思います。

 

また、借入額を減らす事で審査は通るようになるのか?確かに審査に通りやすくなりますが、このラインでお金を返済して、また新たにお金を借りる事は非常に危ない賭けだと思います。

 

返済してまた新たにお金を借りては、返済した意味が全くありません。

 

かえって返済する前より状況は悪くなってしまっています。1社借入先が増える訳ですから当然です。

 

安全なラインを完全に超えています。
安全にお金を借りたいなら、年収の5分1程度に借入金額を抑える努力が必要だと思います。

 

上記の状況ならパンクする確率が高いです。

 

審査一番甘いカードローンはどこ?他社複数審査落ちした人もOKウェブ トップページ